今を丁寧に、今日一日を大切に。シンプルに心地よく暮らそう♬ 


by りん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:思いの綴り( 24 )

心機一転

e0305175_18482324.jpg


昨日は、父の一周忌でした。
はやいもので一年が過ぎようとしています。
泣き言ばかりの母も皆さんのお力を借りながら
なんとかここまで頑張ってきたと思います。

そして、明日からは新年度。
気持ちに一区切りつけて心機一転やっていきます。

ありがとうございました。



by rin-2013 | 2018-04-01 18:54 | 思いの綴り | Trackback | Comments(2)

早いもので7年

e0305175_09220566.jpg


あれから7年。
避難生活をしていらっしゃる方、7.3万人とは・・・

テレビを点けると幼子への虐待、政治とお金のニュースに
気持ちがどんよりしてしまう私ですが、
震災に遭われた方々は、もっともっと悲しい思いで
今の日本を見ているのかもしれませんね。

反面、国を問わず、心ある人々がボランティアとして
応援に来てくれたことを肌で経験しているのも被災地の方々。

世の中、捨てたもんじゃないさ。

まずは、私たち一人ひとりができることをしていこう!
小さなことかもしれないけれど、皆の力が集まれば大きな力になる。
そう信じていこうじゃないか!




by rin-2013 | 2018-03-11 09:47 | 思いの綴り | Trackback | Comments(2)

今年もサンキュ~♡

e0305175_22143813.jpg


今年もやってまいりました。
3月9日、サンキューの日。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

たわいもない日常のつれづれを
ぼそぼそと独り言のように綴っておりますが、
私にとって「月と散歩」は、大切な場所で
備忘録であり、ストレス解消であり、表現の場でもあります。
そんな私事にお付き合いいただき、まことに恐縮です。。。

実は、ブログを始めて12年になります。
人生の転機にモデルチェンジして、
今回のエキサイトブログで3回目。

この12年の間、ブログでお知り合いになった方々と
直接お会いする機会にも恵まれました。
ありがたいことに今でもお手紙やブログで
交流は続いています。

gooブログの時からコメントをくださっている方々も
お目にかかったことはありませんが、
長くお付き合いいただき、まるで古い友人みたいです♡

皆さん、本当に素敵な方ばかりで
私は皆さんと出逢えてラッキーだな・・・と思っています。

これからも疲れない程度に地味に細々と、粛々と綴ります。
そして、もし、ご縁があれば、よろしくお願い致します。

さあ、今日はみんなに感謝を伝えよう!
サンキュ~♡



by rin-2013 | 2018-03-09 20:19 | 思いの綴り | Trackback | Comments(8)

2018年

e0305175_21033414.jpg



新年が始まりました!!

今年は喪中のため、おめでとう!は言えません。
父のいない実家は、なんとも寂しいものでしたが、
きっと一緒に過ごしていたんじゃないかしら・・・と思っています。

さてさて、2018年のブログも
どうぞよろしくお願い致します。
今年も地味に、普通の一日を綴っていきます。
大きな出来事はないけれど、当たり前の、普通の一日こそ
実はとても幸せなんじゃないかしら・・・としみじみ感じています。

このブログを見てくださっている皆さまに感謝するとともに
2018年が素晴らしい一年になりますよう
ご多幸をお祈りしております~♬





by rin-2013 | 2018-01-02 21:04 | 思いの綴り | Trackback | Comments(6)

朝の光

e0305175_21592578.jpg


日曜の朝。
今日もいい天気だ。

季節終わりの蝉が力いっぱい鳴いている中
どこからか金木犀の香りがしてくる不思議。
一番過ごしやすくて気持ちのいい季節になりました。
でも、それもほんの束の間。
この一瞬一瞬を大切に楽しもう。

さて…
シーツを洗おう!
お布団干そう!
ベランダの緑に水をあげよう!
昨日買ってきたパンでおいしい朝ごはんを作ろう!

当たり前の事柄を大事にしていこう ♫


by rin-2013 | 2017-09-10 08:40 | 思いの綴り | Trackback | Comments(2)

再出発

e0305175_22002244.jpg


細胞診の結果を恐る恐る聞きに行ってきました。
悪いものは出てこなかったよ…と先生。
ホッとしました。

帯状疱疹の痛みがまだ残り、
夏風邪は一週間経っても治らず、咳も続き、
疲労困憊で免疫力も落ちていたので
今回はダメかと思っていましたが、
これで二度救われました。
まだまだやるべき修行が残っているのですね。

9月9日から新たにがんばる決意をしました。

まずは、お礼参りに。
そして、気にかけてくれていた友人たちにメールを。



by rin-2013 | 2017-09-09 23:59 | 思いの綴り | Trackback | Comments(0)

花言葉は・・・

e0305175_21425030.jpg


母から写メが届きました。
お父さんが買ってきた植物に花が咲いたよ・・・と。

まったくそういうものに興味のない父でしたので
自ら購入したのは、後にも先にもこれだけです。

昨年の秋の終わりのこと。
まだ、ちいさな苗で、500円だったよ・・・と。

パープルラブと書かれたその花を
先ほど詳しく調べてみると
正式名は、「デュランタ」というらしい。

ちょっと花言葉も調べてみたくなりました。
すると・・・「あなたを見守る」

もちろん、そんなこととは知らずに買ってきたその花が
母を見守る大事な花になるとは・・・

これからも絶やさず、大切に育てていきたい・・・そう思いました。




by rin-2013 | 2017-07-28 20:40 | 思いの綴り | Trackback | Comments(2)

ひとだんらく

e0305175_18405649.jpg


土曜日は四十九日。
父の納骨も無事に終わりました。
皆でいただいたお食事は、父の大好物だったうなぎ♫
退院したら行こうね!と約束していたお店のうなぎです。
結局、食べられずにあの世に行ってしまったけれど、
こんなふうに皆と一緒に食卓を囲めて嬉しかったことでしょう。

よかったね、お父さん。


by rin-2013 | 2017-05-20 23:59 | 思いの綴り | Trackback | Comments(0)

あれから5年

e0305175_2125273.jpg


2012年3月
ボランティアで訪れた仙台の沿岸地域の一枚。

2011年3月11日から丸5年。
あっという間に時が流れていきました。
でも、まだ仮設住宅に暮らす方や故郷に帰れない方
深く深く心の傷を抱えた方・・・
そんなに簡単には解決できない問題がたくさんあります。

あの時、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、
また、残された方々の力強く過ごしてきた5年間にエールを送りつつ
今、自分が元気に過ごせている毎日を大切にしたいと思います。
by rin-2013 | 2016-03-11 21:24 | 思いの綴り | Trackback | Comments(2)

諸行無常

e0305175_21385061.jpg


昨日、20代の頃に勤務していた病院の薬剤師さんと会いました。
母と同世代ですが、とても若くてチャーミング。
いつも悩み事があると真っ先に相談する人生の先輩です。

子どものいない彼女は、ご主人を亡くされてから広いおうちに一人ぼっち。
昨日はそのおうちにお邪魔しました。

そろそろ先のことを考え、
関西に住む妹さんの家の近くに転居しようと思っている・・・とのこと。
転居先は、将来に備えた介護付きの高齢者住宅を考えているようでした。
早ければ、今年中に転居するかも・・・と。
心のよりどころであった彼女が遠くへ行ってしまうことは
とてもとても寂しくて、話を聞きながら、思わず泣いてしまいました。
長年住んだこの土地を離れる私の方が寂しいのよ・・・と彼女もちょっぴり涙目。

私は今まで結婚や出産など、人生の大きな転機(イベント)がないまま、
変化のない日々を仕事一筋で過ごしてきました。
実家の両親も体の不調は訴えつつも命にかかわるような大きな病気もせず
ありがたいことに元気に過ごしています。
こうしてずーっと変わらぬまま過ごすものだと錯覚しそうになりますが、
すべてのものは、着々と変化しているのですね。

いつか親や周囲の人たちが、今の状況から変化していくことを考えた時、
急に現実感が増し、ぽっかりと心に穴の空いた気持ちになりました。
私はこのままでいいのだろうか・・・・

この20年、目の前の仕事に追われ、突っ走ってきましたが、
少し立ち止まって周りを見渡し、違う世界を覗きながら
自分の立ち位置を変化させてみようと思い始めています。

・・・

今、私の周りにいるすべての人たちに感謝し、
二度とない、この瞬間の幸せを大切にしたいと思います。
by rin-2013 | 2016-02-01 23:17 | 思いの綴り | Trackback | Comments(2)